自営業住宅ローンは審査基準が厳しいって本当?

普通の方が借りる住宅ローンと、自営業の方が借りる自営業住宅ローンでは審査基準が異なりますし、かなり基準が厳しいです。
普通は住宅ローンを申し込む時に、現在の年収を示すものと家族構成や会社での勤務実績を提出します。
その書類を元に確認して申し込んだ住宅ローンが組めると判断されたら、ローンが組めます。
しかし自営業の方は最低でも事業で3年間は黒字でないと、先ずローンは通りません。
必要な書類として過去3年分の損益計算書と貸借対照表の提出をしなくてはなりません。
そして個人の収入も確認するために、所得証明書と収入証明書が必要で、後は家族構成や他の借り入れ等がないか確認されます。
書類を提出して基準をクリアしていても、金融機関側で確認をとるのに時間がかかりますので、どうしても審査が厳しく感じます。
お金を貸す側の金融機関としても、安定してローンを長い期間返済してもらわないといけないので、自営業住宅ローンの審査が厳しくなるのは当然の事です。
自営業で住宅ローン審査に通るには?【頭金・年収の基準が甘い銀行!】