教育ローン元金据置返済方式とは?

【教育ローンで親に負担を減らすには元金据置期間を設定すればいい】教育ローンは一般的には教育を受ける当事者ではなく、親が申込人になる場合がほとんどです。
したがって当然のごとく、その返済も親が行うのが普通です。
でも成人した大学生ともなると、中には親にばかり面倒をかけずに、せめて学資ぐらいは自分で払いたいと考える学生もいるのではないでしょうか。
でも奨学金ならまだしも、教育ローンを自分で払うことができるのでしょうか。
仮にできるとしても、お金を工面はどうしたら良いのでしょうか。
こんなふうに考える学生さんには良い方法があります。
何も学生時代にアルバイトなどして無理して返済しなくてもいいのです。
それには教育ローンの「元金据置期間」の制度を利用することです。
この制度は元金の返済を一定期間据置き、その間は利息だけ返済すればいいのです。
つまり在学中は据え置いて、卒業して就職後に元金を返済するシステムなのです。
この制度を使うと、親が負担するのは元金据え置き期間の利息の支払いだけになるのです。